<< ブラックプレジデント | top | リーダー >>

サービス残業

前回の記事に書いた「ブラックプレジデント」ではサービス残業についても語られていました。

主人公の社長は肯定的な発言をしていましたね。未来への積み立てだみたいな。

しかし、個人的にはサービス残業はすべきではないと思っています。
 

これもIT系限定の話かもしれませんが、時間と成果が必ずしも一致しない状況でのサービス残業は
好ましくないと考えています。

普通の残業の場合は、それがコストとしてはっきり出てきますが、サービスの場合は出てこないんですよね。
まあ、出てこないようにサービスにするんでしょうが・・・

それだと、各人の生産性がわかりにくくなるので、現実味のあるスケジュールが組めなくなります。
忙しい状況で、誰もが残業をしないといけない状況になると、サービス残業をしていた人はさらに負荷がかかるわけです。

だって、残業しないとできないような作業であっても定時間内に終わらせることができるように見える状況で
スケジューリングされるわけなので、当然どんどん苦しくなってくるわけです。

そんな状況で状況の把握がちゃんとできていないと、後になってスケジュールの遅延が大きすぎるということで
それをどうフォローするのかとか問題が大きくなっていきます。

そんな状況ってよくありますが、だれもうれしくないですよね。
管理する側としては、現実性のあるスケジュールで、仮にトラブルがあってもリカバリ可能な状況でプロジェクトを進めて生きたいものです。

逆に、自分が残業する側であっても、サービス残業はすべきではないと思っています。
残業になるのであれば、きっちりと時間をつけるべきです。
自分の能力不足による場合も多いと思いますが、かかったものはしょうがないでしょう。

ただし、残業代分だけ収入が多くなると単純に喜べませんよ。
越すが増えることになるということは、会社としては利益が減るということですので、その分自分の評価に
影響するでしょう、というより影響すべきだと思っています。
だって、自分のスキルが評価に反映されないって、何もうれしくないですよね。
頑張っても頑張らなくても評価が同じなら、頑張らない人が多くなりそうです。
そうすると、会社自体が危ないでしょう。もしもスキルが低い状況で会社が倒産してしまったら・・・
自分を高い給料で雇ってくれるところはあるのでしょうか・・・・

では、どうするのかということですが、技術者としては自分のスキルを向上させることが第一だと思っているんです。
そのためには自分の現状を把握すべきです。
残業しないと仕事を収めることができないということを受け止め、収めることができるようにスキルをあげることです。

そう考えながら、毎日勉強に励んでいます。
社会人になると、卒業はないので、死ぬまで勉強するしかないですよね。

定年になっても、年金も当てにできませんし・・・・
いいやん | どうでもいい話 | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサード
RECOMMEND
WEB+DB PRESS Vol.104
WEB+DB PRESS Vol.104 (JUGEMレビュー »)
末田 卓巳,林田 千瑛,陶山 嶺,八谷 賢,辰己 佳祐,竹澤 俊季,服部 智,藤岡 裕吾,牧 大輔,西郡 卓矢,松木 雅幸,穴井 宏幸,新 日出海,桑原 仁雄,小田 知央,ひげぽん,池田 拓司,はまちや2,竹原,大場 光一郎,大場 寧子,松館 大輝,日高 尚美,Vu Xuan Dung
pythonって、今一番熱い言語かもしれませんね。
RECOMMEND
プログラミングAndroid
プログラミングAndroid (JUGEMレビュー »)
Zigurd Mednieks,Laird Dornin,G. Blake Meike,Masumi Nakamura
オライリーなら間違いないかも・・・
RECOMMEND
Java言語プログラミングレッスン 第3版(上)
Java言語プログラミングレッスン 第3版(上) (JUGEMレビュー »)
結城 浩
この作者の本はお勧めです。初心者を見下すような記述がありません。
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
CLOCK
売れ筋
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH